読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカチのボルダリング成長記録

左膝前十字靭帯損傷中の、女子クライマー奮闘日記

16/1/26 湯河原 外岩連登!しかもソロ!





眠い目をこすりながら、向かうは湯河原。


今日のクエスト、バーガー活動の為、湯河原にあるハンバーガーショップ 「カオス」へ。


f:id:mikachiiiii:20160129001347j:image

10時~16時までと、クライマー泣かせな営業時間!笑

今日はソロなのでスタート遅くても良いので寄ってみました。



f:id:mikachiiiii:20160129001516j:image

なんだかとっても安い。

グルメなギリカタ師匠のバーガー活動では、1000円オーバーが当たり前の為、ちょっと心配になる。笑



しかし出てきたバーガーはとても美味しかった!

f:id:mikachiiiii:20160129001544j:image

バンズがサクッとしてて、指で持ったら穴空いてしまったので見栄えが悪くてすみません。笑

なんでしょう。

"これが売り!!''みたいな個性はあまり感じられないものの、なんだか、「うまい。」

安定した美味しさ?

これでこのお値段なら良いわ~(*´∀`)✨


f:id:mikachiiiii:20160129001848j:image

店内には有名な漫画家さんたちのサインがありました。

ライミングの帰りに寄れたりしたら最高なんだけどなー!











お腹を満たし、幕岩公園へ向かう。

梅がすでに開花し始めたせいか、観光客の方が多い。

駐車場でマットを背負ってたら、おじいさまおばあさまの集団が、「何するの?」「寝るの?」「えっ!なになに?」「岩のぼんだってよ!」「えー!岩!?」「へー!」 と、大変賑やかなリアクションを取って下さいました。













人が多そうだなーっと思い、梅が少なそうな桜岩へとりあえず行って見ることに。

途中にある河原エリアの山女って課題を触ってみたかったんですが、水の流れが変わったのか真後ろが池状態。

落ちたらドボンなので、今の実力じゃ落ちてしまうのでスルーする事に。

いつか力つけて再チャレンジだ。













桜岩に着くとポカポカですが、日が当たらないとちょっと肌寒いので、まずは日が当たる面でノーズSD2級を。

f:id:mikachiiiii:20160129002511p:image

貸切や~。

スタート一手目、二手目がバランス悪いとの情報だが.....

f:id:mikachiiiii:20160129002638p:image

f:id:mikachiiiii:20160129002713p:image

速攻出来ちゃった。

うーん。

抜けの部分はどうしたら?

真ん中にあるガバ使ってやや左頂上気味にすると割と簡単。

この桜岩、日本ボルダリングエリアとボルダリングガイドの両方見ちゃうとラインがよく分かんない.....('・_・`)


f:id:mikachiiiii:20160129013729j:image

f:id:mikachiiiii:20160129013727j:image


ボルダリングエリアからノーズSD5級が出来たようなんだけど、YouTubeで見るとその5級を2級としてアップしてる人も多い。

抜けで左のガバ使うと〇級ですとか補足してる人も居るけど...

もー湯河原の限定よく分からんよー!

とりあえず難しい方と思い、二手目の後、リップのガバ使わず頂上してみようとしたら全然出来ない。

うーん。

f:id:mikachiiiii:20160129003530p:image

このラインが2級なんじゃないかな~。



身体も温まってきたので、裏面のノースSD2級へ。

f:id:mikachiiiii:20160129013946p:image

f:id:mikachiiiii:20160129014025p:image

f:id:mikachiiiii:20160129014039p:image

ここもラインがよく分からないので、ガイドは見なかった事にし、ボルダリングエリアを元に登ってみる。

絶対これじゃ2級じゃないなーっと思い、カメラを止め右抜けしたり頂上したり左抜けしたり。

中間部のガバを使うと上部はどうやっても優しい。

ソロの身としては安心だけど、ラインが合ってる気がしない(^^;






こんな時師匠が居てくれたらな~。

こうでいいんじゃない?とか意見くれるのに~。

師匠が以前「YouTubeはトポじゃないからね」と言っていたのと、師匠が岩と向き合って自分でムーブを見つけながら楽しむ姿を見て、私も最近はYouTubeでのウェブザべーションはあまりしなくなっていたのですが...



ソロで誰にも頼れないのでYouTubeを検索検索検索.....


うーん。

見たら余計分からんw





なんか誰かと登りたいなーっと思い、インスタにとりあえず登ってる動画投稿したら。

言われるとは思ったけど、ライン違うとかスタートもっと低いんじゃないとかまぁ色々なご意見がw

スタートに関してはこれ以上下って無理な気ががが。






なんだか自分が何の課題を登ってるか不明になり、もやもやし始めたので場所を変える事に。

後で冷静になって考えたらこうだろうって思うラインがあるので、今度行ったらそれで登ってみよ。








次は行った事ない正面エリアに行ってみようと移動開始。

桜岩から1番近いとこから上へ上がり、踏み跡っぽい所があったのでそこから更に上へ。





...…どうやらこれが間違えだったようで、まさかの迷子w


梅の木にマットが当たらないように避けながらウロチョロウロチョロしてたら、完全迷子。


こんなところで迷子になるなんて恥ずかしい〜('・_・`)




とりあえず遊歩道のほうを目指し下山。

駐車場まで戻り、テントウムシロックの左側から素直に正面エリアへ向かう。

結構長く歩いた気がします。。。

正面エリアは池の先から上がってくほうが断然楽なのですね。

ふー湯河原でこんなアプローチで汗かくとは!笑










ご飯たべてちょっと休憩して、岩場散策。

ソロでも行けそうな高さの岩ってことで、椿姫、椿殿やってみよっかなーっとトポ見たら。

f:id:mikachiiiii:20160130003435j:image

右カンテ、左手カチのSDスタート.....

って右側、木と葉っぱが生い茂っているのですがw

右カンテはチョークついてる所が全く見つからない。

(´口`)?????

とりあえず取り付いてみたものの、スタンスが全く分からず。

葉っぱの中に足突っ込むか.....?笑






なんか、グレード更新したかったら湯河原へ行けばいいよみたいな事を言われた事があるのですが、湯河原グレードって初登者の意図したラインを正しく登れていないからグレード感覚がズレて来ちゃってるのかな~。っとふと思いました。

初段くらいまでいけば限定も明らかなんでしょうけど。





せっかくわざわざ湯河原まで来てるので、もうグレードや限定を気にせず楽しむ事に。

f:id:mikachiiiii:20160130004628p:image

椿姫は直上、椿殿はリップ使わず左に抜けてくよう。

マントル練習と思ったけど手がめっちゃいいので手の力で上がれてしまう。

でも楽しいので何回もやる。笑






この岩の横のウルフ4級もマントル簡単って書いてあるので、やってみる。

ガバがあるので、足上げ出来ればそのまま登れる気持ちいいマントル

マントルも色々あるけどジムだと練習出来ないのでこの際だと思ってこちらも何回も。

f:id:mikachiiiii:20160130004927p:image

暗くなってきてシルエットが怪しい。笑
※ちょっと加工してますよ










湯河原ジャーンプはやりたかったけど、ちょっとソロだと怖くて発射出来ず。

左足のスタンスがしっくり来るのあったら飛んでたかもだけど。

これも百里眼に向けやりたい課題なのだー。

誰かと来た時にやってみよ。










と、なんだかんだソロでも楽しんで登っちゃいました。

おひとりさまでも楽しめる性格って得ですな。













帰る前にインスタをチェックしたら、柴犬のアオちゃんとアオちゃんパパも湯河原に居る投稿を発見。

投稿は随分前にされていたのだが、貝殻岩に居たようなのでダメもとで荷物を車に積み手ぶらで貝殻岩へ向かう。





3人組の男の方々が帰り支度をしていたので、柴犬が居なかったか聞いてみたところ、1時間ほど前に移動して行ったとのこと。

うーん、残念!!






じゃあ帰るか~っと思ったら、「ミカチさんですか?」と。

話を聞いたらなんとこのブログを読んでくれてる方だった!!!!

びっくり!!!!

湯河原の事を検索してたどり着いて下さったみたい。

岩場でブログの読者さんと会うとは...嬉しいですねヽ(*^^*)ノ✨



湯河原が初めてだってゆうニシムラさん、「ガンバレ西村くん」の課題はやったのかなー。

聞きそびれてしまった。









私のお師匠様のブログに比べてたら、書いてる内容も成果も薄いし、大した事は書けていませんが、楽しんで読んでくれてる方がいるって嬉しくて恥ずかしいですね。

読んで下さってる方に成長具合も見ていって頂けたらいいなー。

成長せねばー!!!












もっともっと頑張ろう、と思った岩とひたすら1人で向き合った1日でした。

f:id:mikachiiiii:20160130010133j:image

f:id:mikachiiiii:20160130010141j:image

160㌔の帰り道、ソロだとやっぱりきつかったw

岩場の近くに住みたいよー。