読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ミカチのボルダリング成長記録

左膝前十字靭帯損傷中の、女子クライマー奮闘日記

☆10月のまとめ☆



1ヶ月のまとめ


怪我から約3ヶ月

復帰1ヶ月目

ジム:11回 
(1回、1〜2時間程度)

外岩記録:瑞牆3回 小川山2回 湯河原1回


✱左膝の感覚
→復帰後すぐは左足に全然力が入らない状態だったのが、少しずつ踏めるようにはなってきた。
ただ乗り込みや、張ったり、グッと瞬発的に力を出すのはまだかなーり弱い。
登ってる時、カクっと膝抜けしそうな時が時々あり、サポーターなしでは怖い。


✱その他の身体の調子
→左足をかばってるせいか、右膝が痛くなる時が時々。
復帰してからほとんど手首のテーピングをしないで登ってるせいか、手首が痛い。
今後はやはり毎回テーピングしよう。
指皮は最初の2週間ほどは登ると直ぐに剥けてしまっていたのが、指先は少し固くなった様子。


«メモ»
Bishopに向けて外岩回数を多めに取れたのが良かった。
復帰後初の外岩と今月最後に行った小川山を比べてみると、左足の使い方が少し良くなった気がする。

ジム回数と外岩回数合わせると、ちょっとハイペースかな…

ただ1回の時間が短く、休憩も長く取りつつなので、体力的には影響なし。

左足かばってるせいか、右膝が少し痛くなる時があるので、アイシングは両足必要かな…こちらは要検討。

ジムでは[絶対落ちない登れる課題]を登っていたのを、ラスト週は3級くらいまでは下部だけでもやってみようと触り始める。

やはり3級くらいになってくるとガバが少ないので、持てない持てない。

でも触っていかないと持てないままなので、これからも出来なくても触るようにしよう。

そんな10月(・∀・)


11月はお待ちかねBishopツアーがあるのにぜーんぜん調子が戻っておらず、結構凹み気味だけど、もう開き直って怪我悪化させないようにだけして挑もうと思います。